月別アーカイブ: 2007年1月

第326回ロト6予想参考データ

最近ロト6のCMをよく見かけるのは気のせいだろうか?
年末と比べ、検索エンジンにおける『ロト6』、『loto6』の検索回数を見てみると大幅に落ちている。
これはいくつかの要因がある。時期的なもの。ロト6離れ。1等賞金の低下。
最近は4億円とは無縁で、それは購買意欲を大きく左右する。
そんなわけか、CMを増やしているのだろうか?
さて、第326回の展開を予想してみよう。
依然予想の難しい状況が続いている。
今回も奇数で大きい数字ほど選択される可能性が高い。6分割グループを考慮すると[09 11 13 22 25 27]などから軸数字を選び出すといいだろう。
よく出ている数字でまだ伸びそうなものとして[07 36 37 39 41]から少なくとも1個、強気に攻めるなら2個ほど選んでみよう。
次にセット球を考えてみよう。
GとJの2セットに注目してみる。ともに新セット球になってから使われることが少なく、特に1月はまだ使用されたことが無い。青・紫・橙に今度こそ頑張ってもらいたい。
Gの場合、
青[02 09 16 23 30 37]
紫[07 14 21 28 35 42]
橙[05 12 19 26 33 40]
Jの場合、
青[04 11 18 25 32 39]
紫[05 12 19 26 33 40]
橙[02 09 16 23 30 37]
[02 05 09 12 16 19 23 26 30 33 37 40]これらの数字はともに激アツ数字だ。偶数ならここから出るか!?

平成19年用お年玉付き年賀はがき当せん番号

1等
517788
457190
2等
下4桁
5161
7093
7485
9614
3等
下2桁
64
79
1等はロト6の2等より2倍当たりやすく、2等はロト6の3等より若干当たりやすく、3等もロト6の5等よりも当たりやすい確率となってます。
1等当たった方は無駄に運を使ったかもしれません。しかし、もしかするとその勢いでロト6でも高額当選することも!?
以下のサイトで必ず確認してください。
日本郵政公社
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/yubin/070114j201.html

第325回予想参考データ

まだまだ遅くない!
奇数がまだ優勢だ。
各数字のインターバルデータを見ると最近出た数字に奇数が多く、偶数は休みがちとなっている。
つまり統計的確率でいうと偶数が出る可能性は低く、多くても3個。妥当な線では奇数が4個以上あると考えられる。
全部奇数で勝負してもまだいけるかもしれない。
しかも奇数の中でも特に最近よく出ている数字をチョイスすると吉。
セット球はIを一本釣り。色は青・橙・紫。
今のところの条件では[03 05 07 17 19 21 31 33 35]が高確率数字。セット球がIなら。
もちろん偶数もいくつかカバーする必要がある。
ご無沙汰な数字[10 12 26]なんかがオススメ。
まだまだサイトのリニューアル中につき今回の参考データはこのくらいに…。
もう少し充実したデータがみれるようになったら具体的データをたくさん提供できることでしょう。

第324回予想参考データ

またまた書き込みが遅くなったが、毎年年初のロト6は売り上げが悲惨なものだ。
1等を一人で独占しても期待できないことも…。
そんな状況だが、予想のお役に立つべく考えてみよう。
まず、セット球から見てみると、
色は依然青が不足がちで今後どこかで爆発するのは間違いない。
今回も出るかどうかはわからないが、対抗として橙なんかがおすすめ。赤以外ならどれがたくさん出てもおかしくないから色で攻めるのは控えめに。
そんなセット球はI、B、J、Gが濃厚。今回も予測が難しいところだがIとみなしてもいいかもしれない。
そこで注目するのは青[07 14 21 28 35 42]のこれらの数字である。
橙[02 09 16 23 30 37]も対抗として考慮しておこう。
今回もインターバルを考慮すると18以上の数字がメインとなるかもしれない。
本数字4個以上は18~の数字となるだろう。
しかしながらグループ別のデータでは小さい数字も捨てきれない。
~08と13~16の中からいくつか期待できる。
今回は最近出た数字しか出ない可能性も比較的高く、いい流れの数字を追いかけていくのがベスト。
そんなこんなで今回も買い損ねたため予想はパス…。
どうせ売り上げは激サブ間違いなし!?キャリー発生させて次回を楽しもう。