日本馬が世界を変える日

言わずと知れたディープインパクトは後の10月1日、フランスのロンシャン競馬場にてまさに世界一を決める凱旋門賞で勝負する。
ディープインパクトは皐月賞・日本ダービー・菊花賞を制覇した、いわゆる三冠馬と言われる日本競馬屈指の競走馬だ。現在11戦10勝。1敗は2着となった。
そんなディープインパクトは欧州の予想会社の大手はハリケーンランという去年の覇者とほぼ同様の評価で、ともに一番人気というのが実情だ。
しかも、ディープインパクトは今年一番の動きを見せているという。
私個人としてはこの馬の見所はラストの3ハロンのストレートでの馬の躍動感を中継またはニュースの映像から感じ取っていただきたい。
ディープインパクトはただ強いだけではなく美しい走りをしている。いや、美しい走りだからこそ強いのかもしれない。