平成17年4月1日から

この4月1日からさまざまな法やルールに変更があります。
ペイオフ全面解禁、個人情報保護法の施行、雇用保険法、予防接種法、道路交通法、などに変更があります。
ペイオフ全面解禁では普通預金もいままでの定期預金同様に、金融機関が破綻した場合、元本1,000万円とその利息のみ保護されるようになりました。1つの金融機関に定期預金と普通預金を持っていた場合は2つ合わせて元本1,000万円とその利息のみ保護されるようです。
個人情報保護法は個人情報を取り扱う事業者・個人に対しての法整備です。この法に則った取り扱い方をしていないと知らず知らずの内に法に反していることもあるかもしれません。この法には罰則があります。
雇用保険法は主に女性や介護が必要な家族がいる方の社会進出支援となっており、育児休業や介護休業の給付に変更があります。
予防接種法は乳児のBCGに関することで変更があります。
道路交通法では、高速道路での二輪車(125cc超)の二人乗りが条件付で可能となります。
条件とは、年齢20歳以上かつ、大型自動二輪車免許又は普通自動二輪車免許を受けていた期間が通算3年以上となっています。
詳細
http://www.jhnet.go.jp/topic/motorcycle/syosai.html
ちなみに私は普自二ですが3年以上なので乗れますv
ちょっとローカルですが、関西電力の料金も変わるようです。
http://www.kepco.co.jp/home/ryoukin/2-6-h17.html
日本全国、市町村内の組織再編など他にも多くあるので調べてみてください。

平成17年4月1日から」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。